体を温める薬用ホットタブ重炭酸湯


寒い季節になるとつらい冷え性。


僕は男ですが、年をとってから冷え性になってしまいました。


夏でも職場でのエアコンの影響で背中が寒くなったりするし、冬なんかだと背中だけでなく、手先、足先などの『末端の冷え』がひどくなります。


自宅でも厚手の靴下をちゃんと履いているのに、それでも寒いと感じるぐらいオジサンには冷え性がつらいんですね。

嫁さんも呆れるぐらいのかなりの冷え性です(笑)


本当につらい冷え性から開放されてたくて、体を芯から温める入浴剤『薬用ホットタブ重炭酸湯』を試してみることにしました。


どうか、足先の冷たさが少しでも解消されますように。


ホットタブ重炭酸湯


ホットタブ重炭酸湯を使ってみると

ここから、実際にホットタブ重炭酸湯を使ってみた感想を書いてみます。

※あくまでもボク個人の感想であり、効果を保証するものではありません。


ちょっと寒くなりかけている頃にホットタブ重炭酸湯を30錠入り2パック購入。

届いたホットタブ重炭酸湯を湯船に入れて、さっそく毎日入浴してみた。

薬用ホットタブ重炭酸湯

ホットタブ重炭酸湯が溶けたお湯は臭いもせず色もなく、お湯の感触は温泉によくあるちょっとヌルっとした感じ。


使って2週間ですが、試してみてはっきり実感できたのは、お風呂からあがると汗の量が多いこと。

それだけ、体が温められているということですかね。


それに、お風呂からあがっても、この入浴剤を使う前より体が温かい状態が長く続くようになりました。


特に、一番冷たくなる足先はポッカポッカ状態。

この状態が一番気持ちいいです。

僕はこの気持ちよさが欲しかったんです。


長い時間、足先までポカポカしていることもうれしいんですが、実はちょっと寝つきがよくなったんですね。

この入浴剤を使うまでは、布団に入っていざ寝ようとしても、足先が冷たかったので眠るのに結構時間がかかっていました。

それが、足先が冷えていないので、いつもより短い時間で眠れるように。


そのおかげかどうかわかりませんが、朝起きた時は心持ちちょっとすっきりしているかな?

ホットタブ重炭酸湯の効果的な使い方

体を温める効果的なホットタブ重炭酸湯の使い方について書いてみます。

  1. お湯の量が160リットルを目安に4錠入れる
  2. お湯の温度はぬるめで38℃~40℃(夏場は37℃~39℃)
  3. 15分間じっくりお湯に浸かる

僕の家のお風呂は昔からある小さい浴槽なので、4錠で十分すぎるほどでした。


ホットタブ重炭酸湯の使い始めは全身を浸かっていましたが、半身浴の方がより下半身が温まるという話を聞いたので、それからは半身浴で15分じっくり浸かるようにしています。

半身浴は最初寒く感じますが、慣れてくれば案外平気になります。


参考までに、この入浴剤は24時間以内の追い炊きでも体が温まる効果はあるようです。


以上が、ホットタブ重炭酸湯で体を温める効果的なお風呂の入り方です。


ホットタブ重炭酸湯は入浴以外にも使いみちがいろいろあるので、その他の使い方についても書いておきます。

足湯

足湯

手軽に足湯が楽しめます。

大きい洗面器などの容器(10リットル~30リットル)に1錠入れて、少し熱め(40~43℃)のお湯を用意します。

熱めのお湯を少しずつ足しながら、30分ほど浸かってください。


想像するだけで気持ちよさそうなので、足先が冷たい僕は寒い日なんかにこの足湯を試してみたいと思います。

洗髪、シャワーだけの入浴

洗髪、シャワー

夏など、シャワーだけで入浴する場合や、洗髪での使い方です。(ホットタブ重炭酸湯は洗髪しても問題ありません)


ホットタブ重炭酸湯専用のシャワーヘッドを使って、1錠が7~8分で溶けるように、お湯を出していきます。

洗髪の場合は毛穴に詰まった汚れを揉み出すように洗い流すのがポイント。

専用のシャワーヘッドはAmazonでも7,000円ちょっとするので、正直高いですね。
ホットタブ重炭酸湯専用のシャワーヘッド
出典元:Amazon

ホットタブ重炭酸湯が溶けたお湯がシャワーから出ればいいので、探せば他に安くていいグッズがありそうな気がします。

洗顔

洗顔

ホットタブ重炭酸湯にはお肌をスベスベにする働きがあるので、女性の方はこれで洗顔するのもいいかもしれないですね。


洗面器に1錠入れて、溶け始めてから2、3分後に洗顔するのがポイント。

メイクをしている場合は、クレンジング後にどうぞ。

ペットにも使える

ペット

ペットを飼っている人にも、ホットタブ重炭酸湯は使えます。


ペット用の容器に1錠を溶かして、10~15分ぐらいじっくり浸け湯をする。
※10~30リットル容器に1錠が目安

専用のシャワーヘッドに1錠をセットし、かけ湯として使うのもおすすめです。

発売以来なぜ長く愛用されているのか

ホットタブ重炭酸湯は2012年1月の発売以来売れ続けている、体を温める温活入浴剤です。

発売以来多くの人に愛用されている入浴剤ですが、やはり体を温める効果だったり、お肌がスベスベになる美容効果がその理由だと思います。

そこで、ホットタブ重炭酸湯の効果を書き出してみます。

  1. 重炭酸イオンが血行をよくし、体を温めてくれる炭酸温浴効果
  2. お湯の温度をあげなくても体を温めるので、体に負担をかけることがない
  3. 数々の効果、効能(冷え性、腰痛、神経痛、リウマチ、痔、うちみ、くじき、あせも、しもやけ、荒れ性ひび、あかぎれなど)

その他の注目点として、
  1. 100%国産の原料を使用しているので、敏感肌の人や3ヶ月以上の赤ちゃんでも安心して使える
  2. モデルやタレントがSNSなどで紹介している
  3. お湯が中性になることで、お湯がやわらかくなり、浴槽も傷めない

炭酸湯は低温のお湯に長く入ることで、自律神経を整えリラックスさせてくれるので、疲れた体と健康には理想的。


2012年のロンドンオリンピックの時に、日本選手が選手村に炭酸泉を持ち込んで疲労回復などに努めていたようです。


トップアスリートも愛用するぐらい、炭酸湯は疲労回復などに効果があるということです。

ホットタブ重炭酸湯はお肌にもいいらしい

ホットタブ重炭酸湯は、炭酸ガス、クエン酸の発汗作用で溜まっている老廃物を排泄し、やわらかいお肌になって角栓やアカ、小鼻の黒ずみなどがとれてキレイになるらしいです。


僕は男なので、正直お肌に関しては無頓着なので効果のほどはよくわかりません。

でも、女性の人にはうれしい効能の1つじゃないですかね。

冷え性でお悩みの人におすすめしたい入浴剤

冷え性の僕がこのホットタブ重炭酸湯を試してみて、お風呂から上がっても長い時間体がポカポカしていることを体感できました。


入浴剤なしの普通のお風呂でも、血行がよくなって体が温まる効果はあります。


でも、ホットタブ重炭酸湯は、ぬるめのお湯でも重曹とクエン酸の効果でより体を温める効果があるわけです。

体に負担をかけずに体を温めるということです。


体を温めて、冷えからくる不調を予防しようとする『温活』という言葉をよく耳にします。


温活のためのグッズがいろいろ発売されていますが、お風呂で手軽に温活ができる入浴剤を使った方法もいいと思いますよ。


お風呂上がりのポッカポッカ状態がなんともいえず気持ちいいです。

特に、寝る前に入るとそのまま気持ちよく眠ることができます。


ホットタブ重炭酸湯は温活グッズとして、僕みたいに年取ってから冷え性になった男性にもおすすめしたい入浴剤です。もちろん女性にも。


特に女性は夏でも職場のエアコンで冷えている状態になっているので、夏の間もこのホットタブ重炭酸湯で体を温めることをおすすめします。


『冷えは万病の元』といわれます。


体にとっては決してよくない症状で、東洋医学では病気の一歩手前の『未病』という状態なんですね。


体の温度をたった1度あげるだけで免疫力が30%も向上するといわれるように、体温をあげることは非常に大事なことです。


病気を防ぐ意味でも、家庭で手軽にできる入浴剤を使って冷えの症状を改善してみてはどうでしょうか。


ホットタブ重炭酸湯



スポンサーリンク