はじめまして!

管理人をしている『てつや』といいます。


まずは、簡単に僕の自己紹介をしたいと思います。


昭和37年(1962年)生まれの寅年(とらどし)で、54才のおじさんです。


普通の会社員ですが、パソコンと毎日にらめっこしているデスクワークをしており、パソコンの影響で眼精疲労に日々悩んでいます。


自分もいつまでも若いと思っていましたが、気づいたらこんな年になってしまいました。


たまにある高校の同窓会に出ても、話題は健康のことがほとんど。


やれ、高血圧がどうの、尿酸値がどうのこうのって、本当に年取ったことを実感させられることばかりなんですね。


僕は自分がこんな年になったのが、いまだに不思議でたまりません。


若い頃は50才代どころか、40才代の人でもすごく年取った人にしか思えませんでしたからね。


自分が若い頃には、年取った人が、運動していたり、健康食品を食べていたりするを見ると、無理しないで年寄りは年寄りらしくすればいいのにって、生意気なことを思っていたんです。



でも、僕もそういう年になったことで、あの時の年取った人の気持ちが、今では痛いほどわかるようになりました。


いざ、自分がそういう年になってみると、月日の流れというのは、かくも残酷なもんだなとしみじみと思ってしまいます。


そうなんですよね。


年取ってあらためて、健康な身体でいることの大切さが、わかってくるんですよね。


僕も40才過ぎてから、肥満、腰痛、眼精疲労、肩こり、冷え性、肌のかゆみ、痛風予備軍などといった症状が、次から次にあらわれてきました。


このまま何もしないでいると、老いぼれてしまうだけです!


かと言って、年のせいにして、このまま終わらせたくない。



人生はまだまだ長いです。



僕はこの年になっても、まだまだやりたいことが沢山あるんです。


いや、今だからこそできることがあるんです。


だから、寄る年の波に飲まれるのではなく、健康への不安を感じ始めている今こそ、アンチエイジングで身体を老化させないようにしたい。


今、僕が抱えている身体の悩みはこれだけあります。

  1. 眼精疲労からくる目のかすみ、しょぼしょぼ、目の奥の痛み
  2. 首痛、手のしびれ(頚椎後縦靭帯骨化症)
  3. 腰痛(腰椎すべり症)
  4. 痛風予備軍(尿酸値)
  5. 睡眠不足
  6. 肥満
  7. 冷え性
  8. 右手が時々しびれる(首痛が起因)
  9. 肌のかゆみ

この中でも、特に『腰椎すべり症』と診断された腰痛は、死ぬまで付き合っていかなければいけない病気です。


また、最近は眼精疲労が原因と思われる『目の奥の痛み』がひどくなり、仕事にも支障が出始めている状態。


僕は仕事柄毎日パソコンとにらめっこしていて、自宅でもこうやってブログを書いたり、趣味でパソコンを使っているので、かなり目を酷使しています。


仕事でのパソコンや自宅でのパソコンを控えたいけどそうもいかないので、なんとか現状の生活を続けながら眼精疲労を改善するできる方法をいろいろ試している最中です。


これから、自分自身が悩んでいる症状をどうやって改善できるか、いろんな方法を実際に体験し、効果があったものについて随時、記事で共有する予定です。


僕の書く記事が同じ悩みを持つ人の役にたてば、うれしく思います。


以上、自己紹介でした。